FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマーク国内でLCCの究極系を目指す

いよいよ国内線にもLCCの流れが本格化しそうだ。


*********************************
スカイマーク(BC)は2011年11月以降、成田発着の国内4路線に順次就航し、就航
後3ヶ月間は片道980円のバーゲン運賃を設定する。4月12日に開催した中期事業計画
の説明会で、BC代表取締役社長の西久保愼一氏が発表した。西久保氏は、成田が国内
線については「ほとんど未開拓」とした上で「それだけに大きな潜在需要がある」と
語り、低価格を武器に市場の開拓を進める考えを示した。バーゲン運賃は1便あたり
平均で20席程度とし、合計で2万8800席を提供する。

 成田路線は、11年11月に成田空港支店を開設した後、年度内に千歳、旭川、福岡、
那覇の4路線に順次就航。“東京バイパス・成田シャトル”と題してキャンペーンを
展開して販売をはかり、その後も「4路線の成否に掛かっているが、その先について
も成田からの増便は積極的におこなっていきたい」考え。まずは函館、出雲、高松、
徳島、福岡、石垣への就航もめざしたいという。

 運賃は羽田線よりも2000円程度安く設定。普通運賃は千歳が1万2800円、旭川と福
岡が1万3800円、那覇が1万6800円だが、「前割21」では千歳、旭川、福岡は3800円、
那覇は5800円とする。西久保氏によると、バーゲン運賃の終了後も「だいたい全席の
75%程度は1万円以下」になる見込み。

 低価格の実現のため、成田路線では「新しいビジネススタイルで臨む」方針。西久
保氏は、「これまでも我々はかなり努力してコストを下げ、安い運賃を提供してき
た」としつつ、「根本的な事業スタイルは大手と何ら変わっていなかった」とし、成
田では本格的なLCCのスタイルを採用すると説明。

 例えば、「自動チェックイン機を主体としたカウンターを考えている」ほか、「1
個あたりの手荷物の料金なども少しシビアに請求させていただこうと考えている」と
ころ。人員配置なども従来とは異なる方法を採用する方針で、西久保氏はこれらによ
り、「BCが考える国内LCCの最終型」をめざす考えを強調した。

 なお、成田発着の4路線に就航すると、11年9月に開設予定の那覇/宮古線の1日5便
などを含めて全体で1日70往復を運航することとなり、想定売上は「通年ベースで880
億円くらい」となる見込みだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ツバサバイダー

Author:ツバサバイダー
東京生まれ、横浜育ち。学生時代は京都でどっぷり5年。
探検部でずっと山に登る。夏は富士山で働く。休みはバックパッカー。
渡航歴:韓国、中国、香港(留学1年)、マカオ、台湾、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジア、フィリピン、マレーシア、インド、イギリス、サイパン、アメリカ、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ブラジル。
某大手旅行会社で2年働いた後、現在某大手商社系インハウス旅行会社に籍を置く。
最近中国語を再開した。観光業界の重鎮になるべく日々精進中。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
  ~~~ 訪問者 ~~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。