FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから観光業ができること

今、観光業界に従事していて、何ができるのかを模索している人は多いと思う。
具体的なインフラや、救援活動はできないが
この溝畑さんのメッセージは観光業界の一つの道しるべを示してくれているのでないだろうか。


*********************************************

 観光庁長官の溝畑宏氏は3月30日、「被災地域の復興には、それ以外の地域が経済的活力を大きく伸ばし、被災地域に還元することが重要」とし、「そのとき、観光は大切な役割を持つ。今や観光が日本を救うものになる」と、強いメッセージを発した。これは同日、観光庁で開催された第6回インバウンド医療観光に関する研究会の挨拶で語ったもの。

 溝畑氏は今回の震災について「日本のみならず、アジアや世界にも大きな影響を与え、リーマンショック以上のものになる」と語る。その上で、旅行やイベントなどのキャンセルといった自粛ムードによる消費低迷や、原発問題でのインバウンドの減少など、懸念点を指摘。「日本が元気にならなければという世界の中での自覚を持って、どう活路を開いていくかが大切」と話す。

 さらに、観光庁長官である自身を「中小企業の親分だと思っている」と例え、「今の状況に危機意識を持っている。多少の軋轢があっても、今こそ観光が前を向いて、日本を引っ張っていくとき」と、力強く語った。「被災者には『がんばれ』と言うだけでなく、一緒に動いて、泣いて、笑い、感動する、こういう空気を作っていくことが観光に携わるものの使命。反転攻勢に向けて努力しよう。動けるところは動いていこう」と、呼びかけた。

(日刊トラベルヴィジョン)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ツバサバイダー

Author:ツバサバイダー
東京生まれ、横浜育ち。学生時代は京都でどっぷり5年。
探検部でずっと山に登る。夏は富士山で働く。休みはバックパッカー。
渡航歴:韓国、中国、香港(留学1年)、マカオ、台湾、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジア、フィリピン、マレーシア、インド、イギリス、サイパン、アメリカ、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ブラジル。
某大手旅行会社で2年働いた後、現在某大手商社系インハウス旅行会社に籍を置く。
最近中国語を再開した。観光業界の重鎮になるべく日々精進中。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
  ~~~ 訪問者 ~~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。